読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴリラのシナリオ置き場

TRPGのシナリオとかTCGのデッキとか置いとくところ

【トーキョーN◎VA-Xシナリオ】『誠実の証』

エンディングフェイズ

 

エンディングはあくまで一例である。キャストや展開によっては大きく変化するだろう。

 

 

エンディング1:トーキー

解説:《トーキー》のエンディングとなる。河渡白夜と今回の件を話すシーンとなる。

まだ使用していないのなら、《暴露》を使用してその結果を演出してもいいだろう。

 

描写:いつものバーで、河渡白夜は既に待っていた。河渡連合は割と暇なのだろうか。

 

セリフ:河渡白夜

「お前さんのおかげで、色々助かったぜ。報酬はもう振り込んであるから、あとで確認しな」

「ところで、お前さん肉料理はいけるクチか? たまには天然のスキヤキも悪くないと思うんだが……これがまた赤ワインに合うのよ」

「で、次の仕事なんだが……」

 

結末:災厄の町。まだまだ厄いネタが尽きないらしい。

 

エンディング2:フェイト

解説:《フェイト》のエンディングとなる。悲惨な状況のロッソ・ファミリーの現状報告とお礼を、オープニングの男がしにくるシーン。

 

描写:君のアジトにやって来た男は、だいぶやつれていた。それもそうだろう。

セリフ:男

「ドンが殺されてるのはまあ、予想はついてたんだ。だがまさか、ファンゴがあんな……」

「ドン・ロッソは、行き場のない俺を拾ってくれたんだ。俺はドンに恩があった。くそっ」

「約束の金だ。これから、ロッソはヴァームに吸収される。ヴァームはより勢いを増すだろう」

「俺は、ここらが潮時だな。もうドンもいない。ここらで用心棒でもやるとするさ」

「……ドン無念を晴らしてくれて、ありがとう」

 

結末:依頼人の男も悪党ではあるが、悪人には悪人なりに、矜持や恩義もあるのだろう。

 

エンディング3:レッガー

解説《レッガー》と《カブトワリ》のエンディングとなる。ドン・ヴァームに事件のことを報告する。コルテオが生きているか、死んでいるかでも展開が変わるかもしれない。

 

描写:君たちの話を聞き終えたドン・ヴァームは、静かにため息をついた。

「ガンゾの叔父貴……」と、つぶやいて。

 

セリフ:ドン・ヴァーム

「よくやってくれた。二人とも」

「頭のいなくなったロッソは、俺たちの傘下になる。アイランドも、土地の権利書を部下が抑えてくれた」

「まあ、あんなことがあったあとじゃレストラン・カジノバーとしては使えねえな。ゲーセンにでもするか」

「それで、コルテオは……」

 

エンディング4:カブトワリ

コルテオをどうしたかによって、大きく変化するので具体的なことは書けない。

 

解説:《カブトワリ》のエンディングとなる。

コルテオが生きているなら、シンジケートから足を洗いレッドエリアの小さな酒場で働いていてもいいし、ドンに赦され、オリジナルの酒を堂々と作れるようになってもいい。

死んでいるのなら、墓参りを寂しくするエンディングでもいい。

いずれにしても、これが最後のシーンである。

「らしく」終わらせよう。

 

 

『誠実の証  xyz』