読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴリラのシナリオ置き場

TRPGのシナリオとかTCGのデッキとか置いとくところ

【トーキョーN◎VA-Xシナリオ】『誠実の証』

クライマックスフェイズ

条件:イベントを全て終え、アイランドに向かった。

解説:クライマックスの戦闘となる。敵はファンゴ、ガンゾ、ゴリアテの3人。

ゲストの神業は

・ファンゴ:とどめの一撃/腹心

・ガンゾ:死の舞踏

ゴリアテ:完全防御

である。

 

描写:君達がアイランドに向かうと、中は悲惨なことになっていた。ロッソ・ファミリーの幹部たちが声にならない声をあげながら、逃げるように店から出て行くのと入れ違いになる。

床には、食べ散らかした肉料理と、吐瀉物が散乱していた。

その向こうには、コックの正装をしたファンゴの姿。

そして、ガンゾとゴリアテもいる。

ここが、落とし前の場所だ。

 

セリフ:ファンゴ

「よぉ待ってたんだぜぇ。今日は俺のドン就任記念パーティだぁ」

「お前たちも祝ってくれよ」(デカイガトリングガンをポケットから出す)

「せっかくだ、お前たちも食うかぁ? 親父入りの特性ラザニアだぁ!」

「気に入らねえ奴や気に入った奴を殺して、料理して、食う。ってのが最高に興奮するのよ」

「しかしまあ、オレ様は頭がいいからな。どうせなら商品にしようと思ったわけだ!」

「お前らも肉、食いたくねえか?」

「どうだ、どうだ、どうだぁ! お前も肉にしてやるぜぇ、ステーキか、ハンバーグか、親父の好きだったラザニアかぁ!」(とどめの一撃)

「フヘヘへ、俺を殺すには、一歩足りなかったようだな」(腹心)

「へ、へへ……所詮、お前らも同じ穴の貉よ。先に地獄で待ってるぜぇ」(死亡)

 

セリフ:ガンゾ

「《カブトワリ》《レッガー》……残念だ。俺の手伝いしてくれるなら、こんなことにはならなかったのによ」

「悲しいぜ」

「俺の手下にならねえなら、死んでもらうしかねえな」

「俺はよぉ、若い頃はヴァームの特攻隊長だったんだぜ?」(死の舞踏)

「やられてたまるかよ。俺は今まで、散々ヴァームにコキ使われて来たんだ!」

「2度と奴らの家族に舐めた口はきかせねえ!」

「こんな、はずじゃ……」(死亡)

 

セリフ:ゴリアテ

「見るがいい! この美しき肉体を!」

「ウー、ウー……」

「うぅぅぅぅ美しい」(死亡)

 

 

結末:敵を倒すとクライマックス終了となる。エンディングフェイズに移行すること。