読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴリラのシナリオ置き場

TRPGのシナリオとかTCGのデッキとか置いとくところ

【トーキョーN◎VA-Xシナリオ】『誠実の証』

トリガーイベント後半(イベント3、4、5)

 

イベント3:マスターシーン

 

条件:骨について調べた。

 

描写:この日、アイランドではファミリーの今後を占うための会議を臨時で設けられていた。しかし、出席する幹部たちの表情はどこか暗い。全て、この男のせいだ。

「ハァロー兄弟。今日は俺の特性ラッザァニアを食べていってくれぇ」

臨時でファミリーの頭になったボンクラ息子、ファンゴである。

こいつが何を言い出すのか、気が気でないのだ。

「さあ冷めないうちに食いな」

ファンゴに急かされ、幹部達がラザニアを口に運ぶ。「あ、うまい」「うん、うまい」「うまいぞ」と一口食べれば味の虜になる幹部達。そこうち一人、また一人と何かが口の中でゴロッという。「ん?」とそれを取り出して、確認した幹部達は次々と「うぅぅぅぅぉぇぇぇ」と泣きながら吐き出した。

「主の血と肉をみんなで食べるんだよぉうまいだろぉ、親父はよぉ!」

それを見て愉悦に満ちた顔で笑うファンゴ。一人が落としたナプキンの上には、人間の歯がきっちりと乗っていた。

 

イベント4:指定なし

条件:入手したアドレスへ向かった。

登場判定:《社会:N◎VA、ストリート》10

 

解説:場所は小さな精肉店だ。中に入ると、チェーンソーのような音が響いている。今まさに、自動チェーンソーでコルテオが解体されそうになっているところだ。

キャストが助けると、精肉店へゴリアテがやってきて、戦闘となる。

 

描写:そこで君達が見たものは、電気自動のチェーンソーの刃が、拘束されたコルテオの元へと走る瞬間だった。

 

セリフ:コルテオ

「あ、ああ!!」

「《カブトワリ》……すまない。俺のせいで……こんなことに……」

 

セリフ:ゴリアテ

「ここにきた奴が雇い主の敵だと聞いている。悪いが死んでもらう」

「うぉぉぉぉぉっ!」(突如、ゴリアテの下半身が大きくうねりを上げる。足というパーツが体の中にしまわれ、ジェット噴射。そしてヴィークルと合体!」

「これがカゼの本当の姿だ!」

「受けるがいい、ツインアームマッチョクランチ!」(手からビームを放つ)

 

戦闘:ゴリアテと戦闘になる。敵はゴリアテ一人、距離は近とする。カット進行に移行すること。

結末:ゴリアテが『完全死亡』するか、《脱出》でシーンから退場すると、シーンが終了となる。コルテオを保護することに成功した。

 

 

イベント5:カブトワリ

条件:イベント4の直後

登場判定:《社会:N◎VA、ストリート》10

 

解説:コルテオから話を聞くシーン。謎を話してもらうシーンを想定している。

 

描写:コルテオは、疲弊しきっていた。しかし、ポツポツと独白のように言葉を口にする。

 

セリフ:コルテオ

「俺は、俺はさ。独立して、1つの店を持つのが夢だったんだ。今みたいに、マフィアの偽造酒なんかじゃなく」

「俺の、俺だけの酒を出したかった」

「ある時、ガンゾに唆されたんだ。『俺を手伝えば、支援してやる』って」

「それで、ガンゾの言われるままに仕事をしたら、気づいたらドンをはめるような真似の手伝いさ。俺は、あれだけよくしてくれたドンを裏切ったようなものだ」

「お前まで裏切ったと変わらない。……俺は、ユダだ」

「だけどあいつは約束を守る気なんかなかった。僕を人質みたいにして、《カブトワリ》お前にドンを殺せって!」

「挙句、酒のレシピまで吐かされた」

「僕にケジメをつけにきたんだろ。いいさ、殺されるならお前に殺されたい」

「だって、僕達……」

 

結末:《カブトワリ》にPSを選択してもらう。コルテオを殺すにしても見逃すにしても、次がクライマックスフェイズとなる。

どちらを選んでも、コルテオはキャスト一人に《ファイト!》を使う。