読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴリラのシナリオ置き場

TRPGのシナリオとかTCGのデッキとか置いとくところ

【トーキョーN◎VA-Xシナリオ】『誠実の証』

リサーチフェイズ・トリガーイベント前半(イベント1、2)

イベント1:カブトワリ

条件:キャストがガンゾについて調べた。

登場判定:《社会:N◎VA、ストリート》10

解説:《カブトワリ》の元にガンゾから電話が入る。

セリフ:ガンゾ

「よう《カブトワリ》。どうだ、コルテオは見つかったか?」

「へっ、どうやら気づいちゃいけないところまで気づいちまったみてえだな」

「俺は長年、ファミリーで生きてきた。ドンと、ドンの親父さん。二代に渡ってこき使われてきた。同じ血筋なのにせちがれえ」

「だが、奴が死ねば俺がドンだ。手伝ってくれるなら、コルテオは見逃してやるし、お前にも贅沢させてやる」

「どうだ、乗らねえか?」

(キャストが断った)

「フン、まあいいさ。てめえはコルテオを見捨てたってことだな」(銃声が響く)

セリフ:コルテオ

「《カブトワリ》!僕に構うな、クッ!」(殴る蹴るの暴行を加える音)

セリフ:???(電話の声が交代する)

「よぉボーイ。俺のことは知ってるか? シンジケートの集会で顔を見たことくらいはあるかもなぁ」

「お前が協力しないなら、コルテオ君には明日のディナーになってもらうとするか」

結末:一方的に、そこで通話が切れる。そして《カブトワリ》のもとに1つのアドレスが届く。アドレス先に行くとイベント4が発生する。

イベント2:指定なし

条件:キャストが埋立地に行った。

登場判定:《社会:ストリート、N◎VA》10

解説:ファンゴが目撃された埋立地に、ドン・ロッソの遺体が発見される。

描写:埋立地は日夜ゴミが運び込まれ巨大化していく。近い将来ここをコンクリートで舗装してN◎VAオダイバを作るのが行政から発表されているが、今の所目処は立っていない。

何かを隠すにもうってつけだろう。

埋立地に捨てられているものから何かを見つけるには《知覚》を含めた判定で達成値16が必要になる。

または、適切な神業を使用すること。ぜひ「うまく使った」ことにしてあげよう。

発見したら描写2へ。

描写2君達が掘り起こしたゴミの山には、あきらかにおかしいものがあった。

それは、人間の骨だ。律儀にサイバーウェアはそのまま、肉として残っている部分が捨てられており、ももや胸肉、肋骨、腸などの部分はまるまる持ち去られている。

骨とサイバーウェアと、それといくつか無駄な肉だけが捨てられていた。

それは、人数にして10や20ではくだらない。それだけの数の、ヒトの骨。

結末:《医療》《電脳》《社会:警察、テクノロジー》または《警察関係者、裏社会のコネ》で人骨のDNAやIANUSの情報を調べることができる。成功すると、行方不明事件について調べているならこの中にドン・ロッソがあるとわかる。